本文へスキップ

あなたの大事な資産の管理をお手伝いします

TEL. 0968-36-9981

〒861-1201 熊本県菊池市泗水町吉富173-1

空き家の劣化が早いと言われる理由

転勤や入院などでしばらく家を空けなければならない場合、「家は人が住んでいないと劣化が早まる」という空き家問題の理由から、管理を依頼する方も多いかと思います。

この空き家問題で出てくる「家は人が住んでいないと劣化が早まる」という説は、どんな理由を根拠に言っているのでしょうか。

ここでは、その空き家問題の理由について考えたいと思います。

換気が行われない

人が住んでいる時には、人の出入りによるドアの開け閉めや、空気を入れ替えたり風を通して涼しくしたりと窓の開け閉めが行われ、換気が行われます。また、換気扇も使われたり、人が動く事で空気の流れがおこったりします。

しかし、人が住まない空き家は、この換気が行われなくなります。そのため、空気がこもり、梅雨時期などは湿気が溜まってしまいます。特に最近の家は、すきま風が入らないよう作られているので、閉め切ったままだと湿気が溜まりやすいです。

湿気が溜まるとカビなどの菌が発生します。木造住宅だとこれらが木材を腐らせ、シロアリなどの被害にも繋がります。そして虫がわくとそれをエサにする蜘蛛が出たり、ねずみやへびが出たりする可能性があります。

水道が使われない

水道が使われないと排水管の水が蒸発し、乾燥するため下水の汚臭や虫が上がってきます。また、その排水管にあったヘドロや異物も乾燥して硬化していくと、排水管の劣化に繋がります。また、水の流れがないと水に含まれる石灰などにより、給水管に沈殿物が発生する事もあります。水回りで使われているゴム栓も、水が使われないと乾燥して劣化が早まり割れてしまう事もあります。

掃除や手入れがされない

人が住まないと当然ながら掃除や手入れがされなくなります。ホコリは虫を発生させたり、物を劣化させたりします。物は手入れをされる事により長持ちします。湿気や掃除をしない事で発生してしまったカビは、一度発生するとすべて除去するのは至難の業です。日々の掃除や手入れによってホコリやカビの除去が行われているため、人が住んでいると家にとって良い状態が保たれるのです。

修復がされない

人が住んでいなければ、もし雨漏りしていたり、壁にひび割れができていたりしても気づく事ができず、修復されません。その修復するべき箇所が放置されると、さらに家の劣化を招く事になります。また修復されず老朽化が進んだ家に台風が通ると、家屋の倒壊、建築材などが飛散する可能性があり、人の身体もしくは財産に被害を与える恐れがあります。

このような理由で空き家は人が住んでいないと劣化が早まってしまいます。当社は熊本県にあります空き家の管理を行っている会社です。熊本で家を空ける間の管理業者をお探しの方、ぜひ当社をご利用ください。料金の見積もり、管理に関しての相談、費用に関する質問など、お気軽にご連絡ください。