本文へスキップ

あなたの大事な資産の管理をお手伝いします

TEL. 0968-36-9981

〒861-1201 熊本県菊池市泗水町吉富173-1

都市への人口流出と空き家問題について

近年、東京・大阪などを中心とした大都市圏の人口の増加が目立ってきています。その一方、人口が減少する市町村も増えてきています。熊本においても減少傾向で、その流れに歯止めがかかりません。

都市に企業や人が集まる理由

電車や高速など交通網が発達していて、顧客や取引が可能な企業が多い都会は、企業にとって魅力的な場所でもあります。また、就職先を見つけたり買い物をしたりするにも、都市であればたくさんの選択肢の中から自由に選ぶ事ができます。

人口減少が目立つ市町村では、特に若者の都市への転出が目立ちます。進学や就労、転勤などをきっかけに地方から都市へ移り、そのまま住み続けている若者も少なくありません。若い人口の増加は、そのまま子供の数の増加にもつながり、その結果都市と地方の人口の格差が広がるのです。

地方の過疎化がもたらす影響

地方の過疎化が進むと、人がいないため物が売れなくなり、税金も取れなくなります。そうなると地方の産業が衰退し、最悪破綻してしまう自治体もでてきます。

また最近では、空き家率の増加が問題視されております。
過疎化が進んでいる地域では特に空き家が多く目立ちます。空き家が増加すると、景観の悪化や放火による火災、不法侵入など、様々な問題が発生する恐れもあります。

空き家処分を決断される前に

都市へ転入する人が増加している一方で、地方暮らしに憧れている人もいます。都会の喧騒を離れ、静かに暮らそうと地方に移り住む人がいるのは事実です。都市に移り住んで、処分せずに使用していない空き家があったとしても、将来借家や売家として利用できる可能性もあります。

また、しばらく都会で暮らしてみて、「やっぱり合わないから地元に戻りたい」という考えに変わる可能性もあります。現在空き家処分をご検討中の方も、そのような場合に備え、空き家管理を考えてみませんか。

当社では、現在住んでいない空き家や空き地の巡回管理を致します。室内外の管理から、近隣の状況確認などを行い、大切な空き家や空き地をお守りします。熊本県内であればどこでも対応させていただきますので、熊本で空き家管理をお考えの方は、お気軽にご相談ください。