本文へスキップ

あなたの大事な資産の管理をお手伝いします

TEL. 0968-36-9981

〒861-1201 熊本県菊池市泗水町吉富173-1

空き家にすると劣化が早くなると言われる理由NEWS&FAQ


なぜ空き家すると劣化が早くなるのでしょうか?



「家は人が住まなくなると、劣化が早くなる」という説は、
どのような理由で言われているのでしょうか?

空き家管理を依頼されるお客様の中にも、
「家は人が住まなくなると、劣化が早くなる」という理由で依頼されるお客様が非常に多いようです。

では、なぜ「家は人が住まなくなると、劣化が早くなる」理由を、考えていきたいと思います。

換気が行われない

家に人が住んでいる場合
窓の開け閉めや換気扇の利用・人の出入りによって、自然に空気の入れ替えが行われます。

日本家屋は木造住宅が多く、木材や畳などが多く使用されているため、この空気の入れ替わりが家にとって大変重要で、木材と畳などに必要な適切な温度と湿度が換気によって行われています。


家に人が住まなくなった場合
空気の入れ替えが行われなくなり、空気の流れがないために、ホコリが溜まり易く、梅雨時期は湿気が溜まりカビを発生させる原因にもなります。

ホコリが溜まると、害虫が発生し(ダニ・ハエ・ゴキブリ等)これらを餌とする蜘蛛・ネズミ・ヘビなどが住み着く可能性があります。
また、湿気の多い木材はシロアリの好物で被害にあう可能性が上がります。
カビが発生した状態で家を放置しておくと、天井・壁・床・畳・台所などで繁殖し、家中に悪臭をもたらす可能性があります。

水道が使用されない

水道が使用されないと、水道管の中が腐食し錆が発生します。しばらく使用していない水道を流すと茶色の水が出てくるのは、この錆のためです。
実は水道を使用されないと心配なのが下水管の方で、下水管に水を流すことにより、水を溜める事で下水管から、汚臭や虫が上がってくるのを防いでいるのです。
水は蒸発するため定期的に水を流す事で汚臭や虫が上がってくるのを防ぐ効果があります。
キッチンや洗面所だけになく、水洗トイレも同様である。
水が蒸発し乾燥してしまうと、ゴムやパッキンなどが乾燥により劣化し、割れて水漏れを起こすことも考えられます。

修繕が出来ない

台風の被害にあったり地震の影響で家に損傷が出た場合、近くに住んでいれば見に行けるのですが、転勤や入院中のため見に行けない人の場合は、気づかずに損傷場所が劣化していきます。

人が住んでいる場合は、すぐ修繕され大きな被害にならなくて済むのですが、空き家の場合は長く放置されるケースが多く、発見した時には、かなりの修繕費用が掛かったり、最悪な場合もう利用が出来ないか建て替えというケースもあるようです。

マンションにも注意が必要です!


マンションにも一軒家同様に注意が必要です、リビングや和室・クローゼット・フローリングなどに木材が使用され、気密性が高いマンションは湿気が溜まり易く、季節によって外と中の気温差が激しく、結露が付きやすいため木造住宅に比べ、カビが発生する可能性高いようです。


このような理由で空き家は人が住んでいないと劣化が早まってしまいます。当社は熊本県にあります空き家の管理を行っている会社です。熊本で家を空ける間の管理業者をお探しの方、ぜひ当社をご利用ください。料金の見積もり、管理に関しての相談、費用に関する質問など、お気軽にご連絡ください。



ワコープラス空き家・空き地管理へのお申し込み方法
メールでお申し込み FAXでお申込み
 お電話でのお問い合わせ・お申込みも可能です、お気軽にお電話下さい!
 0968-36-9981  営業時間 9:00〜18:00 日祝祭日を除く